MENU

マッサージの痛みには2つの種類がある

シミウスホワイトニングリフトケアジェルでマッサージをするとき、痛みを感じることはありませんか?この痛みには、2つの種類があります。

 

良い痛みと、悪い痛みです。

 

良い痛みの場合、そのままマッサージをお続けなさって頂いてかまいません。

 

でも、悪い痛みの場合は、シミウスジェルでのマッサージの方法を変えなければいけません。

 

まず、良い痛みとは、お顔のマッサージの最中にコリコリとした場所があって、鈍痛みを感じる場合や、イタ気持ちいい場合は、その場所が凝っている可能性があります。

 

この痛みは肩こりと一緒のような感じで、マッサージによってコリをほぐしたり、老廃物を流して、血行を徐々に良くすることで、痛みが改善していきます。

 

この痛みは、すぐに改善するわけではありませんが、毎日の地道なマッサージで、徐々に改善していきます。

 

でも1つ注意点が。

 

コリを一気に解消しようとして、グリグリと力を入れてマッサージしてはいけませんよ。

 

お肌に刺激を与えて、逆にシミ・しわ、たるみの原因になってしまいます。

 

毎日少しずつ、優しいタッチでマッサージしていくことが大切なのです。

 

次に、悪い痛みとは、「ジェルの量が少な過ぎて摩擦が起きている場合」と「マッサージが強すぎる場合」の2点のどちらかの可能性があります。

 

摩擦は、シミの原因になってしまうので、ジェルをもったいぶらずに適量を使いましょう。

 

また、乾燥肌の方は摩擦を受けやすいため、使用量の目安よりも多めのジェルを使って、滑りをよくしましょう。

 

次に、マッサージの力加減が強すぎる場合も、痛みの原因になります。

 

早くシミを薄くしたいという強い気持ちから、力を強めてしまいがちですが、イタ気持ちいいぐらいを目安にマッサージしましょう。

 

そして、お肌が弱い方は普通に気持ちいいくらいを目安に行ってくださいね。

 

一緒により良いお肌を目指して頑張っていきましょう。

 

 

→限定プレゼント有りでシミウスをお試しされる場合はこちらからどうぞ